2011年9月8日木曜日

平成23年9月7日

5時間授業を終え、その後研修。
明日の研究会に向けて事前会議の内容確認。
いろいろと思い至らないところもあり、みなさんに助けていただく。
肩の痛みはあまり変わらず、周りの先生が気を遣ってくださるので申し訳ない。
また、子どもたちも日記で私を心配する言葉を連ねてくれている。
保護者からもお見舞いの言葉を頂く。
肩はいたいけれど、なんともまあ幸せな人間だと改めて自覚する。
そして、もう一つ思うのは、石灰沈着性鍵盤炎というのは、私がはじめて聞いただけで、周りの方でこの病気にかかったことのある肩はけっこういるということ。
みなさん気をつけてください。
突然の激痛ですから。

0 件のコメント:

コメントを投稿

教師のNゼミ

ここのところ、毎年お世話になっている新潟のNゼミ。よい企画を毎年してくださいます。力があるのに地道な活動を続ける皆さんに呼んでいただけることがありがたいです。 「教師が知っているけれど,分かっていない目からウロコの学級経営」と題して,北海道から山田洋一先生をお招きし,第...