2011年9月5日月曜日

平成23年9月5日

なんとか登校。胸より上には腕は上がらない。ちょっとした拍子に痛みが走るという感じ。板書は左手で乗り切る。子どもたちが、「先生、左手でもうまいですねえ」なんて言ってくれるが、それって、相対的な話?右手もたいしたことないってこと?
子どもを帰したあと、再び病院へ直行。
あの痛い注射を、また1本。
痛みを取るための注射を打つときの痛みを取る注射はないのですか、などと訳の分からないことをいってみても、やっぱり痛いものは痛い。

0 件のコメント:

コメントを投稿

2019年今後の予定

1月 5日 第1回工藤勇一校長の学校改善塾 満員御礼 https://senseiportal.com/events/48950/ 1月6・7日 理論と実践のハイブリッド平田ゼミ 申し込み受付中 講師 平田 治先生 https://www.kokuchpro.com/e...