2012年3月30日金曜日

平成24年3月30日

今日は一日年休。
長女が、中学校のブラバンに混じってキタラで演奏するからだ。
キタラで演奏とは、本当にいい経験だな。
幸せな子だ。

昨日は、1日教室の掃除をしていた。
次の先生に迷惑をかけないように出来るだけきれいにしたけれど、大丈夫かな。
次に入る先生は、きれい好きらしいから。
1年かけて教室に蓄積した学級文庫の運搬に、とにかく骨が折れた。
5時過ぎには終了したが口を利きたくないくらいに、へとへと。
でも、職員室ではけっこう無駄話もした。
こんなゆったりした気分で、職員と話が出来るのもいまだけだから。
もう少ししたら、怒濤の日々がやってくる。

1年間使った教室に「ありがとうございました!」と言って、頭を下げて退室。

そうそう、先日のスタートアップゼミで、私の幼稚園教師時代の教え子が参加していてびっくりした。
教え子と言っても隣のクラスの子だったが。
その子の親友の名前もすらすらと出てきて我ながらびっくりした。

普段は、人の名前が急に出なくなったりもするのだが、こういうときはすらすらと名前が出てくる。
ある人にそのことを話すと、「昔のことは意外にスッと出るものですよ」だと。

あの頃私は、未熟で、どうにもならない先生だったな。
いや、いまもだけど。
でも、その時未熟でも、教え子達と邂逅すれば、「いまもおれはいい先生になるためにがんばってるぜ!」と言いたい。
教え子達に恥じない生き方だけはしたいんだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

教師のNゼミ

ここのところ、毎年お世話になっている新潟のNゼミ。よい企画を毎年してくださいます。力があるのに地道な活動を続ける皆さんに呼んでいただけることがありがたいです。 「教師が知っているけれど,分かっていない目からウロコの学級経営」と題して,北海道から山田洋一先生をお招きし,第...