2012年4月2日月曜日

平成24年4月2日

移動の職員が初出勤。
なんとなく、先生方が不安と希望に満ちあふれて、職員室が活気づいている。
この「風景」が私は好きだ。
この活気が、2週間もすると失われてしまうことがある。
つまり、2週間しかたっていないのに、「あれ?こんなはずじゃ」って思い出す先生や、「このクラス大丈夫かな」って思ってしまう学級が現れてくる。
この活気が長く続くことを切に願う。

加配の運用について、先生方とずっと相談をしていた。
根拠となる文書が大事だ。
エビデンス・ベースドがない中で、いくら議論しても始まらない。

勤務時間が終わると同時に、編集者から電話。
来春出る本の打ち合わせ。
そして、再来春出る本の企画についても。


0 件のコメント:

コメントを投稿

教師のNゼミ

ここのところ、毎年お世話になっている新潟のNゼミ。よい企画を毎年してくださいます。力があるのに地道な活動を続ける皆さんに呼んでいただけることがありがたいです。 「教師が知っているけれど,分かっていない目からウロコの学級経営」と題して,北海道から山田洋一先生をお招きし,第...