2013年1月29日火曜日

調査事業と職員室の話題

調査事業の報告書作成作業を一日していた。
午前中授業に入りつつスキマを塗ってプリントアウト。
午後はそれを持って、隣の学校へ。
印刷したり帳合いしたり、修正したり。
結局、4時間近くかかった。

職員室では早期退職、いじめの定義が話題に。
前者は、自分はやめないだろうがやめる人を責めることはできないというような意見が主流。
後者は、いじめじゃなくて犯罪だろうというような意見。また、体罰もいじめはおかしいだろう、と。
体罰は法律違反でしょう、と。

上のような話とともに、教員の給与の削減は益々進むだろうという話も。
私は、絶対ありえないだろうけれど、優秀な人材を確保するのには、給料のアップと厳格な教員評価しかないと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿

教師のNゼミ

ここのところ、毎年お世話になっている新潟のNゼミ。よい企画を毎年してくださいます。力があるのに地道な活動を続ける皆さんに呼んでいただけることがありがたいです。 「教師が知っているけれど,分かっていない目からウロコの学級経営」と題して,北海道から山田洋一先生をお招きし,第...