2011年8月7日日曜日

平成23年8月7日

夢のような2日間だった。
第3回文学解釈ゼミ。
今回は新篠津のたっぷの湯で開催。
教育観から方法論までを議論するというゼミ。
非常に高度な内容で、私も参加者も脳みそが飽和状態だった。
でも、まあこれくらい1年に1回は学ばなきゃ。いや、2回か。
このゼミは夏冬2回やってるからなあ。

夜の懇親会では、12時まで起きて久々に飲んでた。
北フェス10年の記念のお祝いをみんなでして。
こんな記念誌までみんなつくってくれていて。

中には、サークル員の原稿がたっぷり入っていて、10年前のことで私にとっては忘れてしまっていることも、サークル員は覚えてくれていたりして。
なんだか、とてつもなく嬉しかった。
この冊子があれば、30年くらいは、楽しめそうだな。

0 件のコメント:

コメントを投稿

教師のNゼミ

ここのところ、毎年お世話になっている新潟のNゼミ。よい企画を毎年してくださいます。力があるのに地道な活動を続ける皆さんに呼んでいただけることがありがたいです。 「教師が知っているけれど,分かっていない目からウロコの学級経営」と題して,北海道から山田洋一先生をお招きし,第...