2013年11月4日月曜日

第2回 理論と実践のハイブリッド・平田ゼミ

第2回 理論と実践のハイブリッド・平田ゼミ

夏に大好評のうちに終了した平田ゼミがふたたび!
  夏の平田ゼミでは、〈教材解釈〉の原則の1つ、「中心人物の行動課題」という概念について学びを深め、好評のうちに終了しました。今回はさらに「核の発見」という新しい概念が加わります。教材解釈の力を深めたいという方には必見の研修会となっています。
  また、平田ゼミでは教科指導や教材分析の力をつけるだけでなく、教師観、人生観など人としての気づきがたくさんあるゼミです。2日間たっぷりと一流の講師である平田先生と学べる唯一無二の機会です。今の自分の教育実践・哲学をもう一歩先にすすめたい方におすすめです。

実施要項

【期日・会場】平成25年
   12月27日(金)~28日(土)
27日 旭川市障害者福祉センターおぴった 大会議室
〒078-8329 旭川市宮前通東4155番地30
℡0166-45-0750           
28日 勤労者福祉会館 中会議室・音楽室    
〒070-0035 旭川市5条通4丁目    
TEL.0166-23-5577          
【参 加 費】 6,000円※当日お支払いください。
     (1日参加の場合は、4,000円になります。)

【定   員】 30名

★FAX・メールのいずれかでお申し込みください。
【申  込  先】小泉幸男
【メ  ー  ル】Koizumiyukio★nifty.com ★を@に変えてください。


平田 治 先生
1953年生まれ。信州大学教育学部卒業後、34年間長野県小学教員。早期退職し、信州大学大学院教育学研究科に進学。修士(教育学)。研究テーマは、「自問清掃」「学校掃除」「現職教師教育」「追求型授業」。平成4年度文部省教員海外派遣団参加(アメリカ教育視  察)、平成7年度長野県教育委員会派遣内地留学(文教大学)、平 成19年度文部科学大臣優秀教員表彰。著書として『子どもが輝く「魔法の掃除」・自問清掃のヒミツ』、『「魔法の掃除」13ヶ月・ Iメッセージを語れる教師』(三五館)、『虐待された少年とともに出会って5年・教師がみつけたこと』(一莖書房)。論文として、『教員養成における「自問清掃」指導の意義と成果』『「自問清掃」と教師の成長―学校掃除の教師教育学的意義―』等。所属学会:全国自問教育の会(理事)、日本教師教育学会、日本教師学学会、日本教材学学会、日本特別活動学会。アマチュアコーラスの指揮者としても女声合唱団を指導し定期演奏会を開催。

 研修会日程                          
※1日目と2日目で会場が異なります。ご注意ください。
 
12月27日(金)
会場:旭川市障害者福祉センターおぴった

受付     9:15~9:30 

《第1講座》 9:30~12:00
講義「教師の理解力と表現力概論」
①自問清掃の導入はこれで!
  ~映像による実践報告~   近藤 真司
②教材解釈・自問清掃・表現の関連性              森   優也
③音楽指導と〈教材の核〉                                       高橋百合子

《第2講座》13:00~14:30
演習「〈展開の核〉を学ぶ」(教材『土』『おに』等)

《第3講座》14:40~15:40 
演習「説明的文章教材『鳥獣戯画を読む』   の教材解釈Ⅰ」

《第4講座》15:50~16:30
実習「教師の表現力~表現活動Ⅰ~」

緒連絡   16:30~16:40


12月28日(土)
会場:旭川市勤労者福祉会館

受付     9:15~9:30 

《第5講座》 9:30~10:30 演習「教材の核と音楽指導の実際」
  指導 宮本  彩 ピアノ 太田  純子

《第6講座》10:40~12:00
演習「突破口は疑問!『鳥獣戯画を読む』   教材解釈Ⅱ」


《第7講座》13:00~16:30
実習「教師に必須の表現力Ⅱ」
①個人発表
 ロックオペラ『スイミー』須賀 昌俊
 ピアノと朗読『土』    宮本 彩
②総合表現実習『大工と鬼六』




0 件のコメント:

コメントを投稿

第2回 学級経営実践セミナー2018 IN北海道(講師:赤坂真二・阿部隆幸)

第2回 学級経営実践セミナー2018 IN北海道(講師:赤坂真二・阿部隆幸) 申し込みページ https://senseiportal.com/events/46932 主催 日本学級経営学会(https://www.classroom.gifts/)  共催...